魂揺さぶられる名作&名シーン。個人的感涙シーンベスト3はこれだ!バスケ漫画の傑作「スラムダンク」を読む。祝!初代Bリーグ王者、田臥勇太選手!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、マンガ「スラムダンク」です。

■初代Bリーグ王者も虜

先日、バスケットボールBリーグの初代王者が決まりました。
激戦となったチャンピオンシップ・ファイナルを制し、初代王者となったのは、栃木ブレックス!
チームの皆さん、ファンの皆さん、本当におめでとうございます。

そして、キャプテンの田臥勇太選手、本当におめでとうございます。お疲れ様でした。


(wikipediaより)

優勝が決まると、田臥選手は、皆の労をねぎらうように、選手一人一人と抱き合いました。
日本人初の米NBAプレイヤーも、もう36歳。
身体的な衰えは隠せない中でも、1年を通してチームを引っ張りました。
チャンピオンシップ・ファイナルにおいても、観客席に飛び込んでまでボールを追う姿に、チームの皆が鼓舞されたことでしょう。

そんな田臥勇太選手も虜だったという「スラムダンク」。
言わずと知れた、高校バスケットボール部を舞台にした青春・スポーツ漫画です。

奇しくも、彼が在籍した能代工業がモデルの山王工業が、物語のクライマックスで登場します。
主人公桜木花道のいる湘北高校の前に立ちはだかる絶対王者、山王工業。
湘北のエース流川楓も、山王工業のエース沢北に抑え込まれます。
圧倒的な力の差があるなか、反目する桜木と流川は勝利のために。。。

あぁ〜!!自分で書いてて読みたくなってきました(苦笑)。
名作ですよね。何回も何回も読み返して、何回も何回も涙してしまいます。

■感涙シーン ベスト3

いくつもの名場面、感涙シーンがあるのですが、そんな中で、今回は、個人的に「ここがたまらない」という感動シーンベスト3を紹介します。

第3位。単行本第8巻収録。
スラムダンクという漫画の枠を超えた名セリフ。
湘北高校バスケットボール部監督の安西先生が、諦めかけた三井(中学生時代)に言葉をかけるシーン。

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

その回想シーンと合わせて、現在は不良少年と化した三井が改悛するシーンは、胸にじんと来ます。

第2位。単行本第21巻収録。
インターハイ出場を賭けた運命の一戦、陵南戦。
追い詰められた湘北を救う、縁の下の力持ち「メガネ君」木暮のスリーポイントシュート。

常にサポート役に徹してきた木暮。ただ彼もこの一戦にかける思いは特別だった。
「オレは3年だから…。もしインターハイに行けなかったら陵南戦が最後だ」

敵将の言葉も印象的です。
「あいつも3年間頑張ってきた男なんだ。侮ってはいけなかった」
メガネ君、3年間、諦めずにバスケに打ち込んできてよかったね(涙)!

第1位。単行本第31巻収録。
やっばりこれ!絶対王者山王工業を相手に、怪我をおして試合に出る桜木。
試合時間は残りわずか。絶体絶命の湘北・流川の視線の先には、ろくに動けないはずの桜木が!
「左手はそえるだけ…」
そして漫画史に残る見開きの名シーン、桜木と流川の熱きタッチ!
これまでいがみ合ってきた2人の初めての邂逅。鳥肌が立ちます。

まだまだ名シーンは沢山ありますが、私の涙腺がイかれてしまうので、ひとまずこの辺で。

今回あらためて全巻読み直しましたが、「魂揺さぶられる感」は半端ありません。
たぶんこれからも、何度でも何度でも読み返すであろう名作&名シーンです。

ありがとう、スラムダンク!
おめでとう、栃木ブレックス、そして田臥勇太主将!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


読書日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です