「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。

今日の「夢中」は、『「学力」の経済学』。
(中室牧子著 ディスカヴァー・トゥエンティワン出版)

林修先生が大推薦の書。
今まで思い込みで「さもありなん」とされてきた教育をばっさり。
データをもとにした科学的な根拠から、本当に役に立つ教育がどんなものかを明らかにします。

「えー!そーなの!」とびっくりするポイントはいくつもあるのですが、
「3大びっくり」を記すとすれば、以下でしょう。

○ご褒美で釣っても「よい」。
○ほめ育てしては「いけない」。
○ゲームをしても「暴力的にはならない」。

マジですか!でも確かに、データがそう示しています。世のお母さんたちもびっくりだよね。

ちなみに、「ご褒美」は、「テストの点数」などのアウトプットではなく、「本を読む」、「宿題をする」などのインプットに与えるべきだそうです。
また、金額や与え方を間違わなければ、お金はそんなに悪いご褒美ではないんだって。

子供のほめ方については、もともとの能力でなくて、具体的に達成した内容を挙げることが重要だそう。
ただし、むやみやたらにほめると、子供が勘違いして、実力の伴わないナルシストになってしまうから要注意(苦笑)。

ゲームついては、ロールプレイングゲームのような複雑なゲームは、子供のストレス発散につながり、創造性や忍耐力を培うのにむしろよい影響があるらしいです。
ドラクエやFFも結構ストレスたまるけどね。でも、確かに頭使うし、忍耐力は高まるかな。

ちなみに、テレビやゲームをやめさせても学習時間はほとんど増えないというデータもある。確かにぐーたらするだけ…?
目安のゲーム時間については、1日1時間まで。2時間以上になると、学習時間などに負の影響が大きくなるそう。

いずれもすごく参考になる…。 もっと詳しく知りたい人は、本を買ってお読みになることをオススメします。

あと面白かったのは、「勉強しろ」と言うのは親として簡単だけど、この声かけの効果は低く、ときには逆効果になるという記載。
「エネルギーの無駄遣いなので、やめたほうがよい」という金言には苦笑しました。

逆に、「勉強を見ている」または「勉強する時間を決めて守らせている」というのは、かなり効果が高いそう。
忙しいなかでも、子供のそばにいて勉強を見てあげることが大切なんですね。

学力の高い子供たちの中にいると、自分の学力にもプラスの効果があるらしいです。
環境が大事ということでしょう。お受験でいい学校に入ることは、そうした環境を得るための投資なのかもしれません。

大変勉強になりました。「目からうろこ」の教育論でした。
ありがとう、中室さん!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


読書日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です