2017年4月、屋外テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が誕生する!場所は家族力の高い名古屋!1700万個のレゴブロックがつくる世界観って…!?

こんにちは。夢中図書館へようこそ。
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、開業間近となった屋外テーマパーク「レゴランド・ジャパン」in名古屋。

56fa5aed14539fdceb5f8b6af4b0fed8_s
(写真ACより)

■レゴランド・ジャパン

知ってましたか?私は知りませんでした(苦笑)。その概要は次のとおりです。

4月1日、デンマーク発のブロック玩具「レゴ」の屋外テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が、名古屋に誕生します。

場所は名古屋駅から電車で30分弱の金城ふ頭という湾岸エリア。
9ヘクタール超の敷地に、「工場」や「冒険」、「海賊」など7つのゾーンが出来上がります。
40を超えるアトラクション、1700万個のレゴブロックが使用されたレゴの世界観が楽しめる大型テーマパークです。

楽しみですね~。
ところでなんでこんな重要イベント(?)があるのを知ったかというと、日経MJに取り上げられていたからです。

■名古屋の力

日経MJの視点は、レゴランドの魅力!…というよりは、名古屋の「誘引力」のほう。

三大都市の中で唯一、大型テーマパークがなかった名古屋。

409040
(イラストACより)

言わずと知れた「ものづくりの街」でありながら、観光や買い物はイマイチで、主要都市の中で「魅力のない街」ナンバーワンに選ばれていました。
なぜレゴランドは名古屋に惚れたのでしょうか?

その魅力は愛知県の家族力にあるみたい。
記事によると、レゴランド・ジャパン社長は名古屋を選んだ理由についてこう答えています。

「東京や大阪に比べて地価は安いし、これほど3世代世帯が多い地域はない」

レゴランドのターゲットは2~12歳の子供がいる家族。このターゲット層が名古屋にぴったり当てはまるのだそう。

記事によると、名古屋を含む愛知県の人口増加率は全国4位。
一人当たり県民所得は東京に次いで2位で、子供や孫に使う「3世代消費」は東京よりも活発だとされます。

旅行業界も熱い視線を送っています。
ここ数年は新幹線開業など観光イベントが続きましたが、2017年はそんな大型イベントがないだけに、レゴランドへの期待が高いようです。

もしかしたら、今年は名古屋が来るかもしれません。

いつもながらキテるトレンドを教えてくれてありがとう、日経MJ!
いつかは名古屋をぶら歩きしたいな。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


読書日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です