• 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「旅の手帖」2017年9月号の特集「国立公園に行こう」です。


(写真ACより)

■美しい自然に出会う旅

夏休みは皆さん、どこかに旅行に出かけたりしたでしょうか。

旅行の楽しみの一つに、日常の喧騒を離れて、美しい自然に出会うということがありますよね。
悠久の自然がつくり出す絶景に癒されたりします。

そんな自然と絶景に出会う旅に最適なのが、今回「旅の手帖」が進める「国立公園」の旅なのかもしれません。

■国立公園の魅力

国立公園とは、その名の通り、国自らが管理する公園です。
自然公園法に基づいて、日本を代表する自然の風景地を保護し、利用の促進を図る目的で、環境大臣が指定します。
2017年3月に奄美群島が指定され、国立公園は全国で34箇所となりました。

「旅の手帖」2017年9月号では、特集「国立公園を行こう」を組んで、そんな国立公園の魅力を惜しむことなく掲載・紹介しています。


旅の手帖 2017年9月号

圧倒されるのは、やはりその景観。
四季折々が生み出す風景の彩り。たわわな自然がつくり出す奇跡のパノラマ。

ページをめくるたびに出会える絶景の旅。素敵な擬似旅行を体験できます。


(写真ACより)

■ここに行きたい!尾瀬!

それでは、特集「国立公園に行こう」の中から、個人的に特に惹かれた場所を紹介しましょう。

まずは、関東北辺に佇む水清き公園、尾瀬国立公園。
一面に緑がひろがる尾瀬ヶ原の大湿原…。標高1400mに位置しており、100種類以上の高山植物が季節ごとに彩りを添えます。
9月からは草もみじが楽しめるそう。いつか歩いてみたい絶景の国立公園です。


(写真ACより)

■ここに行きたい!慶良間!

続いて、沖縄本島の西方、東シナ海に浮かぶ島々で構成される、慶良間諸島国立公園。
ケラマブルーと称される透明な青い海。豊かな生態系も魅力で、日本で見られるサンゴの約6割が慶良間に生息しているのだとか。
ウミガメにも高い確率で遭遇できるそうで、ウミガメと一緒に泳ぐ写真が本誌に掲載されています。うらやましい…。


(写真ACより)

■ここに行きたい!磐梯!

そして、磐梯山が生み出す魅惑の湖沼群、磐梯朝日国立公園。
会津の明峰・磐梯山の噴火によりつくられた奇跡の絶景。磐梯高原は大小300以上の湖沼群から形成されます。
気象条件により水の色が変わる五色沼も神秘的です。これは癒されそう…。


(写真ACより)

誌面では、国立公園が全件紹介されてます。他にも絶景が多数、掲載されているので、自然好き・旅好きの方は、ぜひ本誌をご覧ください。

…また旅に出たくなりました。秋の紅葉シーズン、どこの公園に行こうかしら?

ありがとう、旅の手帖! ありがとう、34の国立公園!

 

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事