• 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今回の「夢中」は、新しいアイドルの形としてじわじわキテいる「2次元アイドル」です。
日経MJによると、いまアニメなどの2次元キャラクターを使って、生身のアイドルを超えた「究極のアイドル」をつくり出そうという動きが広まっているのだそう。

■ナナブンノニジュウニ

この2次元アイドルの世界に、AKB48の生みの親、秋元康氏も参戦。
著名クリエイターらが描いた8人のキャラクターによるアイドル・グループを、昨年末に結成しました。
その声を担当するのは、全国のオーディションを勝ち上がった新人声優たち。

グループ名は「ナナブンノニジュウニ」。
秋元康氏命名の不思議な名前です。

「22/7は想像の象徴だ。どんな意味を持っているのだろう?答えは未来にある。」
と、グループのコンセプトで示されている通り、名前の由来はいまのところ不明。
これから少しずつ明かされてくるのかもしれませんね。

img_main
(写真:公式HPより。©Sony Music Records/ Aniplex)

■2次元アイドルの魅力

この「2次元アイドル」、何が魅力なんでしょうか?

秋元氏が記事で話している通り、「もしもこんな女の子がアイドルを目指したら」という「究極の非日常を描くことがてきる」のは強みかもしれません。

たとえば純朴で人見知りの少女がアイドルを目指す姿なんて、応援したくなりますよね。
現実は、SNSとかで暴露記事が出されたりして幻滅しちゃうこと、よくあるし。
そんなスキャンダルと無縁なのも魅力の一つ。

「2次元アイドルは裏切らない」と会社員のファンは話しています。
結婚とかスキャンダルに心揺らされることがないから安心なんだって。

映像技術の発達も一役かってるみたい。
モーション・キャプチャーなどの技術を活用したキレキレのダンスは、ライブ会場を沸かせます。
アプリを活用した参加型の仕掛けもライブの一体感を上げているようです。

■ドリフェス!

2次元アイドルは、なにも女性アイドルに限りません。
イケメンのユニットも人気です。
アイドル応援プロジェクト「ドリフェス!」というのが、女子たちの間で流行っているようです。

この「ドリフェス!」、新人男性アイドルが成長するストーリーで、アニメ放送もされていました。
ファンの中には、景品のカード目当てでアーケード・ゲームに課金する女子もいるみたい。

そういえば、この前、お台場の大江戸温泉物語に行ったら、「刀剣乱舞」というアニメ・キャラとのコラボをやっていて、たくさんの女子たちがグッズ売り場に並んでました。
これも2次元アイドル化の現象なのでしょうか。

いやはや、近未来的なアイドル事情に驚かされました。
いずれ、ミュージック・ステーションとか、紅白歌合戦とかが、2次元アイドルばっかりになるのでしょうか。。。

相変わらず、トレンドに乗れない自分なのでした。
いつも最新の情報をありがとう、日経MJ!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事