• 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

■週間文春 新年第1号

2016年のメディア業界で、MVP級の活躍をした週刊文春。

新年第1号は一大スクープが!…ということもなく、政界から芸能界まで、相変わらずの取材力で、興味深い記事が掲載されてました。

そんな中で、個人的に面白かったのが、この記事です。
「君の顔面は。」 顔面相似形2017

新春とは別に関係もなく、スクープでもない、やわらかい特集です。
「君の顔面は。」のタイトルには、ツッコミがあると思いますが、個人的にはOKかな。

さてさて、この特集の中身ですが、その名の通り、顔が似ている人を見つけて紹介するというもの。
「あるある!」も「それはムリ?」もあるのですが、中々に見応えがありましたので、オススメも兼ねて一部をご紹介。
もっと見たい!と思われた人はぜひ本誌をご覧ください。

■ベッキーにトランプ大統領

まずは、週刊文春が火をつけた、ベッキー。
「君の顔面は。」と引き合いに出しているのが、梅津かずお氏の漫画キャラの少女。「みつかった!?」のふき出しが痛い…。
同誌とベッキーの溝がさらに深まるかもしれません。

一方のゲス川谷も紹介されているのですが、個人的には、彼を見て思い出すのは、お笑い芸人ラバーガールのおかっぱ頭の方。髪型も宇宙人的な佇まいも含めて。
「それはムリ!」の声が聞こえてきますが…。

ef8fa2c9e7761119cda14648a03da0fb_s

新年号の特集1面にこの二人を持ってくるあたり、さすが文春ですね。
こちらも旬な、トレンディ・エンジェルの斎藤さん。彼の顔面と相似形とされたのが、STAP細胞で小保方氏を告発(?)した若山氏。これは「あるある」!?

もう1つ「あるある」と思ったのが、レスリング吉田沙保里選手と「君の名は。」でブレイクのRADWIMPS野田氏。
お二人とも2016年の顔ですもんね。今年も活躍してくれることを願っております。

「君の顔面は。」は政界にも及びます。
ドナルド・トランプとハム。これはぜひ掲載の写真をご覧いただきたいのですが、大苦笑!
プーチンとモナ・リザ。ほんとだー。よく気づきましたね。さすが文春の鋭い眼力!?

そーいえば、宮沢元首相とヨーダってのも昔ありましたよね。
日本政界の皆さん、くれぐれもスキャンダルが文春で取り上げられないように、清く正しく活動してくださいね。

やっぱり今年も文春から目が離せない!?
ありがとう、週刊文春!新年からやわらかくなれました。

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事