• 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    ”山は飢え、怒っている” 怪物との死闘の行方は…宮部みゆき「荒神」
    2018年2月12日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、世界のミヤザキにインスピレーションを与えた物語「風立ちぬ」、堀辰雄著です。


風立ちぬ/堀辰雄

■電子書籍読み放題「Prime Reading」

2017年10月、アマゾンジャパンが、「Amazonプライム」会員向けの電子書籍読み放題サービス「Prime Reading」を開始しました。

これは、アマゾンが提供するKindle電子書籍の中から、900冊もの書籍・マンガ・雑誌が読み放題になるサービスです。
なお、ラインナップは随時入れ替えられるとのことです。

今回は、900冊のラインナップの中から、堀辰雄著「風立ちぬ」を選びました。

■風立ちぬ

「風立ちぬ」は、堀辰雄の恋愛小説です。
1938年に刊行され、今なお読み続けられている名作です。

表紙に「世界のミヤザキにインスピレーションを与えた~」と書かれている通り、スタジオジブリの宮崎駿監督が、この小説をモチーフに、アニメ映画を制作しました。


風立ちぬ(宮崎駿監督)DVD

ちなみに、私はまだ、そのアニメ映画を見ていません。
だから、あくまで小説「風立ちぬ」の世界しか知りません。その前提でこの記事を読んでいただきたいと思います。

■あらすじ

夏の高原で「私」と節子は出会います。
2人は互いに惹かれ合いますが、節子は病に冒されていました。

2人は療養のために緑深きサナトリウムに向かいます。
四季が織りなす美しい自然のなかで、2人はやさしく愛を育みますが…。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」。はかなくも美しい、生と死、そして愛の物語です。

■物語の奥行き

この物語を宮崎駿さんはどんな風に映像にしたのだろう…。
そんな余計な心配をしてしまうほど、原作は核心の場面を描いていません。あえて書き込むのを避けたかのようです。

そして、そのことが、この物語に奥行きを与えています。

「私」が節子をサナトリウムへ誘う場面があるのですが、節子はこう言います。

「ええ、こうしていても、いつ良くなるのだか分からないのですもの。早く良くなれるんなら、何処へでも行っているわ。でも……」

その後、他愛もないやり取りが二人の間でされますが、結局、「でも…」の続きは明かされることはありません。

同じように、サナトリウムで2人は束の間の幸せな時間を過ごしますが、やがて訪れる2人を分かつ瞬間は描かれていません。

気がつくと、サナトリウムの森に迷い込むように、物語の奥深くにとり込まれています。

■限りなく美しい物語

そんな風に、限りなく深く静かな物語であると同時に、限りなく美しい物語であるとも思いました。

それは、堀が描く自然の描写が美しく、四季の彩りと香りを届けてくれることによります。

春夏秋冬、木々の色づきや動物たちの囁き。
豊かな自然が、2人のか細い恋愛にも、美しい実りを与えているようです。

この辺りの描写は、ぜひ宮崎駿さんの映像で見てみたいと思いました。

■風立ちぬ、いざ生きめやも

タイトルにもなった、作中にある「風立ちぬ、いざ生きめやも」という詩は、フランスの作家ヴァレリーの詩を堀が訳したものだそうです。

現代風に言うなら、「風が立った。だから生きようと思うんだけど…」といったところでしょうか。
これまた、奥行きのある、美しい詩ですね。

これを読んだせいなのか分かりませんが、いつもより風の音を感じるようになりました。

ありがとう、堀辰雄!ありがとう、風立ちぬ!

 

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事