• 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、『「学力」の経済学』。
(中室牧子著 ディスカヴァー・トゥエンティワン出版)

■ご褒美で釣っても「よい」

林修先生が大推薦の書。
今まで思い込みで「さもありなん」とされてきた教育をばっさり。
データをもとにした科学的な根拠から、本当に役に立つ教育がどんなものかを明らかにします。

「えー!そーなの!」とびっくりするポイントはいくつもあるのですが、
「3大びっくり」を記すとすれば、以下でしょう。

○ご褒美で釣っても「よい」。
○ほめ育てしては「いけない」。
○ゲームをしても「暴力的にはならない」。

マジですか!でも確かに、データがそう示しています。世のお母さんたちもびっくりだよね。

ちなみに、「ご褒美」は、「テストの点数」などのアウトプットではなく、「本を読む」、「宿題をする」などのインプットに与えるべきだそうです。
また、金額や与え方を間違わなければ、お金はそんなに悪いご褒美ではないんだって。

子供のほめ方については、もともとの能力でなくて、具体的に達成した内容を挙げることが重要だそう。
ただし、むやみやたらにほめると、子供が勘違いして、実力の伴わないナルシストになってしまうから要注意(苦笑)。

■ゲームをしてもよい

ゲームついては、ロールプレイングゲームのような複雑なゲームは、子供のストレス発散につながり、創造性や忍耐力を培うのにむしろよい影響があるらしいです。
ドラクエやFFも結構ストレスたまるけどね。でも、確かに頭使うし、忍耐力は高まるかな。

ちなみに、テレビやゲームをやめさせても学習時間はほとんど増えないというデータもある。確かにぐーたらするだけ…?
目安のゲーム時間については、1日1時間まで。2時間以上になると、学習時間などに負の影響が大きくなるそう。

いずれもすごく参考になる…。 もっと詳しく知りたい人は、本を買ってお読みになることをオススメします。

■「勉強しろ」よりも…

あと面白かったのは、「勉強しろ」と言うのは親として簡単だけど、この声かけの効果は低く、ときには逆効果になるという記載。
「エネルギーの無駄遣いなので、やめたほうがよい」という金言には苦笑しました。

逆に、「勉強を見ている」または「勉強する時間を決めて守らせている」というのは、かなり効果が高いそう。
忙しいなかでも、子供のそばにいて勉強を見てあげることが大切なんですね。

学力の高い子供たちの中にいると、自分の学力にもプラスの効果があるらしいです。
環境が大事ということでしょう。お受験でいい学校に入ることは、そうした環境を得るための投資なのかもしれません。

大変勉強になりました。「目からうろこ」の教育論でした。
ありがとう、中室さん!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事