知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、司馬遼太郎の名作「峠」です。


峠(上)司馬遼太郎

■命日

今日10月1日は、越後長岡藩士、河井継之助の命日です。
江戸末期を生きた武士で、戊辰戦争最大の激戦と言われる北越戦争において、長岡藩を指揮して戦いました。


北越戦争を描いた浮世絵(Wikipediaより)

司馬遼太郎の「峠」は、この河井継之助の半生を描いた、長編時代小説です。

河合継之助の師である山田方谷が、彼を評してこのように言っています。

「どうも河井は豪(えら)すぎる。豪すぎるくせにあのような越後のちっぽけな藩に生まれた。その豪すぎることが、河合にとり、また長岡藩にとり、はたして幸福な結果をよぶか、不幸をよぶか」



■あらすじ

方谷の言葉が示すように、この小説「峠」では、河井継之助の生き様と長岡藩の行く末が描かれます。

文庫本では、上巻511頁、中巻571頁、下巻445頁にも及ぶ長編小説。

前半では、越後長岡藩から江戸や諸国へ留学の旅を通じて、時代の動きに知悉していく継之助の姿が描かれます。

ときは幕末。時代は風雲急を告げていきます。後半は、そのような中で藩の要職に抜擢された継之助の奮闘が描かれます。
先見の明ある継之助は幕府の崩壊を予見しますが、越後長岡藩主牧野家は古くから徳川家に仕える譜代大名です。

時代の流れを止められないことを知りながらも、武士としていかに責を全うするか。危機に瀕する長岡藩を救えるのか。
作者が日本の美しき武士の「典型」と評した、最後のサムライ河井継之助がとった行動とは…。


河井継之助(Wikipediaより)

■ところがここにいる

実は、この本を読むまで、河井継之助という人物を知りませんでした。
幕末維新期はどうしても薩長に焦点が当たりますが、旧幕府のしかも越後の地に、これほどの傑物がいたというのは正直驚きです。

継之助は、小藩の越後藩に生まれながら、近代的合理主義を持ち、きわめて正確な時代認識と将来を見通す先見性を持っていました。

彼は、幕府側にして異例なほど早い段階から、兵器の西洋化を推し進めます。
しかもそのやり方もダイナミック。最新の兵器を手に入れるために、歴代君公ゆかりの宝物・什器を惜しみなく売り払います。

義兄・椰野はそんな継之助をたしなめます。
それは両刀が重いから売ってしまえというようなものだ。そんな暴論を吐くものはあるまい?

「義兄さ、ところがここにいる」継之助は笑いもせずに言った。
「わしはな、長岡藩の武士どもには刀を差させまいと思っているのだ」
「継サ」椰野は叫んだ。「刀は武士の魂ではないか」
「倫理道徳は、時勢によって変わる」


峠(中)司馬遼太郎

■愛想もつきのすけ

また、彼は徳川方に属していながらも、対峙する薩長がいずれ幕府を凌駕することを予見していました。
薩長との戦争が待ったなしの状況になると、支藩の人びとには「薩長に従え」と言い放ち、驚かせます。

継之助のすごいところは、単に言葉で言うだけでなく、それが実行力を伴っているところにあります。

彼が藩の要職につくと、数々の藩政改革を断行します。
先述の兵制改革だけでなく、農政改革や賭博禁止などの風紀の粛清も断行します。

英雄色を好むではないですが、大の遊郭好きだった継之助ですが、藩の風紀粛清のために遊郭の禁止令を発すると、自らも律します。
そのせいで、彼を揶揄した「かわいかわい(河井)と今朝まで思い 今は愛想もつきのすけ(継之助)」という歌が詠われました。


峠(下) 司馬遼太郎

■享年41歳

継之助という人物の大きさは、山田方谷のみならず、福沢諭吉や福地源一郎らの幕府要人、さらには外国商人までもが賞嘆しています。

日本きっての開明の士でありながら、旧幕藩体制の守護神かのように新政府軍と戦わざるを得ない矛盾。それは維新史上、最も激烈な北越戦争を生むことになります。

この物語を読んで、誰もが思うはず。河井継之助が生き延びていてくれたら…。
西郷・大久保らの英雄の蔭にあって、一般には知られていない幕末の英雄、河井継之助。

1868年10月1日(旧暦では8月16日)、41歳でその生涯を閉じました。




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


読書日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です