• 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日

こんにちは。夢中図書館へようこそ。
館長のふゆきです。

これまで、「変化球アイドル」や「ジャングル男子」など、巷でじわじわキテるトレンドを紹介してきた日経MJ。

今回、彼らが推すのは、「焚(た)き火LOVERS」!
…ふたたび出ました。私の知らないトレンド。。。そのトレンドの中身とは?

5a5ae11583e1d67042fa64fd97649e3a_s

■焚き火かたりバー

記事によると、秋冬というイメージのある焚き火ですが、いま1年中楽しめるようになっているようです。

都内の某公園で開かれているのが、「焚き火かたりバー」。
焚き火を囲んで、お酒や料理を楽しむのだそう。

「夏のバーベキューのイケイケの感じとは違って、冬の焚き火はまったりと和める」
と、参加者の女性がコメントしています。

このイベント、女子1人で参加する人もいるんだって。
初対面の人といつしか打ち解けられるのが醍醐味。
たとえ会話が途切れても、炎を眺めていれば気まずさを忘れられるのも安心(?)。

この催しを主催するのは「日本焚き火コミュニケーション協会」。
こんな団体まであるんですね…。もしかして本当にキテるの?

■火とアウトドアの専門店

このブームに乗った新ショップまで登場しているみたいです。
昨年10月にオープンした「iLbf(イルビフ)」。
「火とアウトドアの専門店」をうたっています。
店名は「i LOVE the bonfire」(焚き火が大好き!)の頭文字をとっています。

この店、火に関わるアイテムを取り揃えているのですが、記事に取り上げられているのは、焚き火の元となる「薪」。

薪って、種類によって、燃やした時の香りや音が違うんだって。
サクラは甘い香り、クヌギはパチパチと優しい音。。。

常連客は、焚き火の次のステップとして薪ストーブを購入。
薪の違いを楽しんでいるそう。

そのほか、焚き火を楽しめる音楽ライブなんかが行われています。
確かに、盛り上がりとともに、燃え上がりそうだけど…。

今回も、私の全く知らないトレンドでした。
個人的には、ちょっとまだ食指が動かないかな。ゴメンなさい。

焚き火LOVERSの皆さん、くれぐれも火の元にはご注意を!
いつも貴重なトレンド情報をありがとう、日経MJ!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事