こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、新橋SL広場前で行われた「新橋古本まつり」です。

■新橋古本まつり

この前の週末、新橋のSL広場を通ったら、数多くのテントが出ていました。
なんだろうと思ってのぞいてみると、それは「新橋古本まつり」でした。

この新橋古本まつりは、十数年前から開催されている人気のイベントで、今は年に5回行われています。
テントのなかには、100円均一の文庫から、小説、古雑誌や漫画、洋書に写真集など、多数の古書が並んでいます。
ちょうど天気が良かったので、多くの人が足を止め、テントの中を眺めていました。

掘り出し物を求めているのか、熱心に本を調べている人も。
年季の入った文学全集や豪華な美術書なんかがあるので、その中にはプライスレスなものもあるのかもしれませんね。

■レコードや漫画も

古書だけでなく、懐かしいレコードも売っています。
昭和アイドル好きにはたまらないのでは。個人的には、レッド・ツェッペリンのLPレコードを買おうか、猛烈に悩みました。

さらに充実しているのは漫画コーナー。
人気コミックの全巻セットや懐かしい漫画が多数並べてあります。

手塚治虫先生の作品群なんか、ちょうどこの前、雑誌「Pen」で同氏の特集が取り上げられていたので、むしろ旬な感じがします。

雑誌Pen(生誕90周年・手塚治虫の仕事)2018年3/1号

いまの時代、ネットで音楽を聴いたり、漫画を読めるようになったので、確かにリアルなCDや本を購入する機会が減りました。
それでも、こうした古本まつりに多くの人が集まるのは、本好きの人が多いんでしょうね。コレクターの方もいるんだと思います。

館長ふゆきは、本棚やCDケースが容量オーバーのため、むしろ電子化を進めている状況…。
それでも購買意欲を駆り立てられるのは、本好きのDNAがうずいているのでしょうね。

狭い我が家でモノは増やせなくても、作品への愛は変わりません。
ありがとう、古本まつり! ありがとう、作品たち!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事