輝け!企業アイドルたち 仕事にもアイドル活動にも一生懸命な姿に胸キュン!?

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、いつも気になる、日経MJの「トレンド」から「企業アイドルシャイン」です。


(イラストACより)

■企業アイドル

今回、日経MJがとり上げるトレンド記事は、「普段は社員、ステージでは別の顔 企業アイドルシャイン」です。

日本列島、まだまだ暑いアイドルブーム。
日本各地に、地名や地名を略したアルファベット3文字を冠したご当地アイドルたちが席巻します。

そんななか、企業名を冠した「企業アイドル」が登場しました。
メンバーは、企業で働くOLや契約社員。仕事とアイドル活動の二束の草鞋を見事にはいて、注目を集めています。



■東池袋52

まずは、カード大手の株式会社クレディセゾンの女性社員24人で結成された「東池袋52」。
このグループが日経MJで取り上げられるとはなんとも感慨深い…。

実は当図書館で以前、日経MJのトレンド「24時間、いつもキラキラ IT女子 合コン席巻」をとり上げたときに、当方で勝手に追加したのが、このグループでした。
今回、ほんまもんの日経MJに写真付きでとり上げられています。何気に嬉しい!ありがとう、日経MJ!
※そのときの記事はこちら

あらためて「東池袋52」を紹介すると、こんなグループです。
グループ名は、クレディセゾン本社が東池袋のサンシャイン60の52階にあることに由来しています。

デビュー曲は「わたしセゾン」。
欅坂46の「二人セゾン」への「(勝手に)アンサーソング」という企画ですが、このPVの本気度がすごい…。


(「わたしセゾン」PV)

本家に負けじと(?)、製作には一流のクリエイターを起用。
ダンスも歌唱も一生懸命で、その完成度は、忘年会の催しとは完全に一線を画します。
ここまで仕上げるには相当なコミットが必要だったでしょう。普通のOLの本気に胸キュンです。
この懸命な姿がウケて、ユーチューブで45万回再生されるほどの人気になりました。

なんとメンバーは2期生4人を加え、セカンドシングル「なつセゾン」のリリースが決定したそうです。


(「なつセゾン」予告編)

彼女たちのアイドル活動の効果もあってか、10代男女のカード契約数は前年比25%増の好調ぶりだそうです。

■GEOアイドル部

さらに、日経MJがとり上げる企業アイドルは「GEOアイドル部」。
その名の通り、レンタル店「ゲオ」などを運営するゲオホールディングスの広報課に所属する契約社員で結成されました。

広報課の仕事らしく、アイドルで話題を作り、ゲオを知ってもらうことが結成の目的。
デビュー曲「chanGE Over(チェンジオーバー)」で東京・秋葉原でライブ活動を行なうなど、広報活動(?)に余念がありません。


(チェンジオーバーPV)

普段は店舗でも働いている彼女たちに会いにいけるのも、ファンの心をくすぐるそう。
実際に、あるファンはTSUTAYAからゲオに行き先を「chanGE Over(チェンジオーバー)」したのだとか。


(イラストACより)

■輝け!企業アイドルたち

他にも、伊勢丹新宿本店が、矢野顕子さん作詞作曲の公式ソング「ISETA-TAN-TAN」で従業員500人が踊る姿をユーチューブに公開したり、しょうゆ製造の七福醸造が女性アイドルグループ「セブンハピネス」を結成して自社製品の魅力を発信したりと、「企業アイドル」の動きは広がっているようです。

「まさに輝くシャイン(社員)といったところ」(日経MJより)。お後がよろしいようで。

ありがとう、日経MJ!がんばれ、企業アイドルたち!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


読書日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です