• 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、いつも気になる、日経MJの「トレンド」から「企業アイドルシャイン」です。


(イラストACより)

■企業アイドル

今回、日経MJがとり上げるトレンド記事は、「普段は社員、ステージでは別の顔 企業アイドルシャイン」です。

日本列島、まだまだ暑いアイドルブーム。
日本各地に、地名や地名を略したアルファベット3文字を冠したご当地アイドルたちが席巻します。

そんななか、企業名を冠した「企業アイドル」が登場しました。
メンバーは、企業で働くOLや契約社員。仕事とアイドル活動の二束の草鞋を見事にはいて、注目を集めています。

■東池袋52

まずは、カード大手の株式会社クレディセゾンの女性社員24人で結成された「東池袋52」。
このグループが日経MJで取り上げられるとはなんとも感慨深い…。

実は当図書館で以前、日経MJのトレンド「24時間、いつもキラキラ IT女子 合コン席巻」をとり上げたときに、当方で勝手に追加したのが、このグループでした。
今回、ほんまもんの日経MJに写真付きでとり上げられています。何気に嬉しい!ありがとう、日経MJ!
※そのときの記事はこちら

あらためて「東池袋52」を紹介すると、こんなグループです。
グループ名は、クレディセゾン本社が東池袋のサンシャイン60の52階にあることに由来しています。

デビュー曲は「わたしセゾン」。
欅坂46の「二人セゾン」への「(勝手に)アンサーソング」という企画ですが、このPVの本気度がすごい…。


(「わたしセゾン」PV)

本家に負けじと(?)、製作には一流のクリエイターを起用。
ダンスも歌唱も一生懸命で、その完成度は、忘年会の催しとは完全に一線を画します。
ここまで仕上げるには相当なコミットが必要だったでしょう。普通のOLの本気に胸キュンです。
この懸命な姿がウケて、ユーチューブで45万回再生されるほどの人気になりました。

なんとメンバーは2期生4人を加え、セカンドシングル「なつセゾン」のリリースが決定したそうです。


(「なつセゾン」予告編)

彼女たちのアイドル活動の効果もあってか、10代男女のカード契約数は前年比25%増の好調ぶりだそうです。

■GEOアイドル部

さらに、日経MJがとり上げる企業アイドルは「GEOアイドル部」。
その名の通り、レンタル店「ゲオ」などを運営するゲオホールディングスの広報課に所属する契約社員で結成されました。

広報課の仕事らしく、アイドルで話題を作り、ゲオを知ってもらうことが結成の目的。
デビュー曲「chanGE Over(チェンジオーバー)」で東京・秋葉原でライブ活動を行なうなど、広報活動(?)に余念がありません。


(チェンジオーバーPV)

普段は店舗でも働いている彼女たちに会いにいけるのも、ファンの心をくすぐるそう。
実際に、あるファンはTSUTAYAからゲオに行き先を「chanGE Over(チェンジオーバー)」したのだとか。


(イラストACより)

■輝け!企業アイドルたち

他にも、伊勢丹新宿本店が、矢野顕子さん作詞作曲の公式ソング「ISETA-TAN-TAN」で従業員500人が踊る姿をユーチューブに公開したり、しょうゆ製造の七福醸造が女性アイドルグループ「セブンハピネス」を結成して自社製品の魅力を発信したりと、「企業アイドル」の動きは広がっているようです。

「まさに輝くシャイン(社員)といったところ」(日経MJより)。お後がよろしいようで。

ありがとう、日経MJ!がんばれ、企業アイドルたち!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事