• 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、”平成のエラリー・クイーン”と呼ばれる青崎有吾著の学園ミステリー「体育館の殺人」です。

■電子書籍読み放題「Prime Reading」

2017年10月、アマゾンジャパンが、「Amazonプライム」会員向けの電子書籍読み放題サービス「Prime Reading」を開始しました。

これは、アマゾンが提供するKindle電子書籍の中から、900冊もの書籍・マンガ・雑誌が読み放題になるサービスです。
なお、ラインナップは随時入れ替えられるとのことです。

今回は、900冊のラインナップの中から、青崎有吾著「体育館の殺人」を選びました。

■第22回鮎川哲也賞受賞作

「平成のエラリー・クイーン」と称される青崎有吾氏。
その鮮烈なデビューを飾った作品が、第22回鮎川哲也賞を受賞した「体育館の殺人」です。


体育館の殺人/青崎有吾

鮎川哲也賞とは、東京創元社が主催する公募の新人文学賞です。
「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編を募集します」と銘打ち、世に眠る才知あふれるミステリー作家の卵を発掘しています。

■あらすじ

雨の降る日の放課後、風ヶ丘高校の体育館で、放送部の部長が刺殺されるという事件が発生します。

現場は密室状態の体育館。そこにいた唯一の女子卓球部部長に容疑がかかります。
卓球部員の柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれる裏染天馬に真相の解明を依頼しますが…。

その天才は、校内の一室に住みつくアニメオタクの駄目人間だった…。
稀代の変わり者名探偵・裏染天馬とその助手?柚乃が挑む真相とは?

■密室殺人

まさに「創意と情熱溢れる鮮烈な推理小説」の名に相応しい、スリルとエンターテイメント満載の本格ミステリーです。

魅力の一つは、「密室殺人」という古典的ながらも、ミステリの醍醐味ともいえる殺人事件の謎解き。
ここでそのトリックを解説するのは止めておきますが、さすがは「平成のエラリー・クイーン」。現場に残された手がかりから、論理的に犯罪が組み立てられています。

最終章の前に、「幕間ー読者への挑戦」という章を立てて、作者は読者に挑戦状を突きつけます。

全ての手がかりは、第一章の出だしから第四章末尾までの間に、あからさまな形で記してある。飛躍した発想も必要ない。読者諸兄が手がかりの一つ一つをごく当たり前に分析し、論理的に考えていけば、自ずと答えは導き出されるはずだ。

…などとミステリ好きの読者を煽ります。
この辺りは、学生時代にミステリ研究会に所属していたという青崎氏の面目躍如、古典ミステリーへのオマージュなのでしょうね。
すいませんが、私はまったく答えに行き着けませんでした…。

■名探偵登場

いま一つの魅力は、第二章から登場する、学園一の天才にしてこの物語のシャーロック・ホームズ、「裏染天馬」のキャラクター。

その登場シーンからして斬新です。この物語のワトソン役といえる袴田柚乃が天馬の住みつく校内の部屋を訪れるのですが…。

待ち受けていたのは、二十人ほどの少女たちだった。
「・・・・・・・・・・」
アニメのポスターだ。柚乃の上半身に引けを取らぬくらいの特大サイズが、何枚も壁一面に貼られている。

なるほど…。アニメオタクにして半分引きこもり生活の駄目人間を登場させる辺りは、さすがは「平成の」エラリークイーン。今どき(?)ですね。

そんな彼を校内の一室から引っ張り出したのは、事件解決への義侠心や柚乃への恋心なんてのでは全くなく、報酬として提示された10万円ってのも笑いました。
しかもその使途は怪しげなアニメグッズ…。

ただ、ストーリーが進むにつ入れて、読者はこの裏染天馬の一挙手一投足から目が離せなくなります。
そして最終章で容疑者全員を集めて行なわれる、「体育館の殺人」の謎ときシーンでは…。

「しかしそれも、もう終わりです。先ほどようやく結論が出せました。僕は犯人の正体を知っています。犯人は、皆さんの中にいます」

容疑者は約20人。彼らを前に天馬が語る、驚くべき事件の真相とは…。

■裏染天馬シリーズ

青崎有吾氏は、この作品のあとも、裏染天馬を主人公とした作品を相次ぎ刊行しています。
「水族館の殺人」「図書館の殺人」「風ヶ丘五十円玉祭りの謎」…。


水族館の殺人/青崎有吾


図書館の殺人/青崎有吾

駄目人間・裏染天馬がどんな名推理をするのか。がぜん興味を引かれているところです。
アマゾン「Prime Reading」おそるべし。。。

ありがとう、「体育館の殺人」!ありがとう、天馬&柚乃!

 

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事