ホルモー六景「ローマ風の休日」楠木ふみを描く小さな恋の物語

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、万城目学さんの短編集「ホルモー六景」のなかから、「ローマ風の休日」をとり上げます。

■ホルモー六景

万城目学さんのデビュー作「鴨川ホルモー」
京都の大学生たちが、小さなオニを操って戦う奇妙奇天烈な競技「ホルモー」…。

そのホルモーを通じて主人公らが成長していく姿を描く青春ファンタジー小説。
万城目ワールドの原点として燦然と輝く傑作です。


鴨川ホルモー

そのスピンオフとなる短編集が「ホルモー六景」です。
「六景」のネーミング通り、6編の短編が収録されています。

今日とり上げるのは、その中の一編、「ローマ風の休日」です。
「凡ちゃん」こと楠木ふみのサイドストーリー。バイト先で出会う高校生の視点で描く小さな恋の物語です。


ホルモー六景

■あらすじ

その人がやって来た日のことを、今でもよく覚えているー。
高校生の聡司は、イタリアンレストランのバイトにやって来た不愛想な女性に、あまり良い印象を持てませんでした。

その女性の名前は、楠木ふみ…。
ずいぶんと膨らみのある髪形をして、やけに面の広い黒ぶちメガネをかけた女性でした。

しかし、店長不在という緊急事態となったあるバイトの日。
彼女がテキパキと職場を仕切って修羅場を乗り切ると、スタッフの評価は一変。聡司も彼女に好意を持つようになります。

そして聡司は、数学の宿題を教えてもらうという口実で、彼女をデートに誘います
その宿題とは、京都の9つの橋を一筆書きでまわれるかという問題。実際に歩いて解いていく途上、2人は閻魔大王ゆかりの寺社に向かうことになるのですが…。

なぜ、ふみはその寺社に行きたかったのか。数学の問題は解けるのか。聡司の小さな恋の顛末は…。
京都の街を自転車で全速力で駆け抜ける2人…。ある夏の日の甘酸っぱい青春の一頁です。

■見どころ

本編「鴨川ホルモー」で強烈なインパクトを残したヒロイン、「凡ちゃん」こと楠木ふみを描くサイドストーリー
バイト先の先輩アルバイターで高校生の聡司の視点で、彼女の天然な魅力が描かれます。


鴨川ホルモー(1)角川コミックス・エース

本編では、クセが強くて取り付く島もない感じだった「凡ちゃん」
でも実は、人と話すのが苦手で、それを変えようと努力していて、好きな人がいるけど、臆病で打ち明けることができない…。そんな風な、とても普通な女の子であることが分かります。

聡司が次第にふみに好意を抱くようになる姿は、本編の主人公・安倍の姿とラップします。
むしろ、聡司の恋心のほうが先だったのですね…。彼がふみをデートに誘ったことが、本編のエピソードにつながっていきます
そう、本編でふみが安倍をデートに誘うシーンがあります。あれには、この前日譚があったんだ…。がんばったんだな、凡ちゃん…(涙)。


鴨川ホルモー(3)角川コミックス・エース

この他にも、本編を読んだ方は、にんまりとするような伏線が描かれています。
時系列としては、本編のクライマックス「第17条ホルモー」が発動された後の話し。
本編を読んだ人は、このときふみがどんな状態にあるか、なぜ夜を怖がるのかも分かるはず。そう、彼女の周囲には、奴らがいたのです…。

そして迎えるこのサイドストーリーのラストシーン…。
それは、本家「ローマの休日」のように、切ないラストになるのです。泣くな、少年!それが青春だ!


ローマの休日

「鴨川ホルモー」スピンオフ、楠木ふみに恋に落ちちゃう物語「ローマ風の休日」。
本編を読んだ人も、読んでいない人も、万城目学さんが描く小さな恋の物語に没入してみませんか?

ありがとう、万城目学さん! ありがとう、ローマ風の休日!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事