• 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今回、私が「夢中」になったのは、日経おとなのOFF 2017年2月号のこちらの記事です。
「櫻井 寛が行く2017全国の新作・注目 駅弁ベスト10」。

■2017注目の駅弁は?

選ぶのは、フォトジャーナリストの櫻井寛氏。

TBSテレビ系「マツコの知らない世界」で、マツコ・デラックスさんに各地の美味駅弁を紹介し、彼女(彼?)をうならせた人物だそうです。

いや〜、どれもこれも美味しそう。
駅弁の醍醐味は、やはり旅先の素材が詰まった、その土地「ならでは」の特別感ですよね。
どの駅弁も、紙面から旅先の香りが漂ってくるかのような鮮やかさです。

その全てを紹介したいのですが、それは本誌をご覧になっていただくとして、
今回は、そのなかでも、「食べてみたい!」とのどを鳴らした駅弁を紹介したいと思います。

まずは、北海道は新函館北斗駅の新作「海の七つ星弁当」。
間もなく開業1周年を迎える北海道新幹線の、現時点の終着駅。
北の大地の7つの海鮮がたっぷりと詰まった駅弁です。
イクラの赤いじゅうたんに、大きなホタテとホッキ貝、さらにウニとカニなどが並ぶこの駅弁。
この駅弁を食べることも、旅の目的になりそうですね。

■その土地ならでは

次に食欲をそそられたのは、島根県は松江駅の「のどぐろかに寿司」。
「のどぐろ」と言えば、テニスの錦織圭選手。海外ツアー中の彼が一時帰国したときに、「のどぐろを食べたい」と言ったことから、急上昇ワードになりましたね。
「のどぐろ」は、正式名称が「アカムツ」という高級魚。特に島根県沖で脂の乗ったのどぐろが多く水揚げされるそうです。
これも「ならでは」感が高くて、島根に行ったらぜひ食したい駅弁ですね。
現在、海外ツアーで活躍中の錦織選手に届けてあげたい駅弁です。

そして、東北は秋田駅の「白神そだちあわび五能線弁当」。
秋田県八峰町産のあわび煮をメインに、秋田県産あきたこまちや秋田のしそ巻き大根、りんご煮など、秋田の素材にこだわった極上駅弁。
五能線は、秋田と青森の海岸線を結ぶ絶景ローカル線です。
日本海に沈む夕陽を車窓に見ながら、あわび煮とあきたこまちを食す。脇には秋田のお酒。。。最高の旅になりそうですね。

いやぁ、食欲も旅情も高まる、好企画でした。
都内の百貨店でもよく全国駅弁大会みたいなのが開催されますが、駅弁はやっぱり旅とセットがいいですね。

2890ba1dfebccafb8270ec42aaac6f52_s

すてきな旅に思いが高まりました。ありがとう、櫻井さん、日経おとなのOFF!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

コメントを残す

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事