• ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    平成の刑事コロンボはキュートなメガネ女子 "福家警部補の挨拶”
    2018年1月29日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    ”山は飢え、怒っている” 怪物との死闘の行方は…宮部みゆき「荒神」
    2018年2月12日
湯三昧グルメ三昧、帰りたくない温泉宿 「旅の手帖」2018年2月号

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「旅の手帖」2018年2月号特集「帰りたくない温泉宿」です。


(温泉/写真ACより)

■旅の手帖

めっきり寒くなりましたね~。
こんなときは、ゆ~っくりと温泉に浸かって過ごしたいですね。

そんな今の時期にぴったりの特集が届けられました。
それが「旅の手帖」2018年2月号の特集「帰りたくない温泉宿」。
「おこもりでグルメ三昧、湯三昧」というサブタイトルがついています。

旅の手帖 2018年2月号

貸し切り風呂や客室風呂など名湯を独り占めできる宿や、地元の幸をたっぷり堪能できるグルメの宿など、
いつまでも滞在していたくなる、おススメの温泉宿が紹介されています。

どこも行ってみたい、泊まってみたい魅惑の温泉宿ですが、今日は中でも特に惹かれた宿を紹介します。

■箱根で利き湯

まずは、箱根小涌谷温泉「水の音」。
2つの源泉と12の湯めぐりを楽しめる、神奈川箱根の温泉宿です。

さまざまな趣向の温泉の「利き湯」で目指すは全湯制覇!しかも新館の和洋室は全室露天風呂付き。
これは温泉好きにはたまりません。

宿の名前の通り、館内各所で池の音や水琴窟の音など、やさしい水の音が聴こえるのだとか。
これは癒されます。帰りたくなくなりそう…。


(箱根から見る富士山/写真ACより)

■湯布院の離れ

続いて、湯布院温泉「二本の葦束」。
九州屈指の人気温泉地・湯布院の温泉街から少し離れた森のなかにある温泉宿です。

敷地には地区150年の母屋のほか、11棟の離れや貸し切りの入浴施設が点在。
風呂は全部で8種類あるそうですが、特に竹林に囲まれた露天風呂「竹林の湯」は時が経つのを忘れてしまいそう…。

宿泊する離れもそれぞれ趣があって懐かしい感じ。
「おばあちゃんちに帰ってきたみたいにホッとする」んだとか。これまた帰りたくなくなるなぁ。


(湯布院/写真ACより)

■北陸のカニ

そして、粟津温泉「旅亭懐石 のとや」。
北陸の冬の味覚を満喫できる、石川県小松にある温泉宿です。

紹介ページにどかーんと載っているのが、「活蟹懐石」プランの焼きガニ。
炭火で焼いた身をカニみそに浸して食べるんだとか。この写真がもう反則です…。

石川で水揚げされた「加能ガニ」をはじめ地元の新鮮な食材を使った料理がこの宿の売りです。
「のとや」は創業707年を迎える老舗で、地元のリピーターも集う温泉宿。
良質な湯も評判で、美肌にも効果があるんだとか。粟津温泉、知らなかったなぁ…。


(北陸のカニ/イラストACより)

■温泉とラーメン

そのほか、文人の「おこもり」宿など、40を超える温泉宿が紹介されています。
いずれも訪れたら間違いなく帰りたくなくなる温泉宿ばかり。

さらに、「旅の手帖」2018年2月号はやってくれました。
「帰りたくない温泉宿」に続いて、第2特集「愛しのご当地ラーメン」を掲載しています。
これがまた、札幌味噌ラーメンとか、九州豚骨ラーメンとか、三陸に京都に和歌山に…。もうたまりません…。

寒い冬は「温泉」と「ラーメン」!この時期にぴったりの特集ですね。
ほんとゆっくりと旅に出かけたくなる、そんな「旅の手帖」でした。

ありがとう、旅の手帖! 詳しく知りたい方は2018年2月号をどうぞ!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事