• 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    真田丸ファンもむせび泣く、決して負けることのできない戦い。「とっぴんぱらりの風太郎」を読む。
    2016年12月7日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    TVドラマ化決定!池井戸潤「陸王」 平均57歳の足袋工場が世界企業に挑む! ゴールの行方は!?
    2017年10月9日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

いつも流行の先端を教えてくれる、日経MJの「トレンド」。
今回、紹介するトレンドは、「メイン・コスギ」。

■メイン・コスギ

メイン・コスギって、何それ?
と皆さん思ったでしょうが、私もまったく同じ、初耳です。

同紙によると、いま「世界一濃厚」をうたうスイーツや、ペースト状の濃いスープが特徴のラーメンなど、濃すぎる料理が人気なんだそうです。
これを、俳優のケイン・コスギさんをもじって「メイン・コスギ」というのだとか。
確かにケインも濃いけど、すぐにはイメージがわきにくいトレンドですね(苦笑)。

例えばスイーツ。
この3月に東京・表参道にオープンした「GOMAYA KUKI(ごまやくき)」。ごまアイスの専門店です。
こちらの店のごまアイスは、1カップにごま9000粒を使用している超濃厚な一品。


「GOMAYA KUKI」HPより)

「世界一濃い」を看板に掲げてある通り、ごまの風味が濃厚。それもそのはず、食品ごま製造の九鬼産業が開発に携わっています。
店頭には、ごま油やごま塩が置いてあって、お好みでアイスにかけられるんですって。ごまマシマシ?
3月の開店以来、女性を中心に人気を集めており、休日は行列が絶えないほどの人気ぶりになっています。

【GOMAYA KUKI 店舗情報】
・住所:東京都渋谷区神宮前4丁目6-9 南原宿ビル1F
・営業時間:11:00~18:00

例えばラーメン。
実はこってりラーメンが主流の京都で、いまレンゲが立つほどの超濃厚なラーメンがキテいるのだそうです。
「レンゲが立つ」って、それはもはや固形スープなのでは?


「極鶏」HPより)

その店は、京都の左京区・一乗寺に店を構える「麺屋 極鶏」。
オーナーが「ほかにないラーメンを作りたい」と開発したスープはもはやペーストといえるくらいどろどろ。
見た目に圧倒されますが、味は正統派。「鶏ベースなので、臭みもなく、意外と食べやすい」とは、店長の弁。
こちらも行列の絶えない人気店になっています。

【麵屋極鶏 店舗情報】
・住所:京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
・営業時間:11:30~22:00(月曜定休)
※スープが無くなり次第終了

■効能あり

「濃厚」と聞くと、体に悪そうなイメージですが、これらは健康にもいいのが特徴です。
ゴマに含まれるセサミンには抗酸化作用や悪玉コレステロールを抑制する効果があります。
また、鶏をじっくりと煮込んだスープは肌の良いコラーゲンもたっぷり。

ケイン・コスギと言えば、不動産会社のCM「トゥエンティ・・ワン!」とか、某製薬会社のCM「ファイトー!イッパーツ!」とか、熱血なキャラが特徴。
トレンド「メイン・コスギ」も、情熱的なファンが集っているのかもしれませんね。

実は、個人的には、濃い口は嫌いではないです。
この「メイン・コスギ」ブーム、もしかしたら乗っかっちゃうかもしれません。

ありがとう、日経MJ!今回も勉強になりました!

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事