• 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! "博士の愛した数式”がつなぐ人と心…”ぼくの記憶は80分しかもたない”
    2017年8月16日
  • 人文・エッセー
    農薬を使わずにリンゴをたわわに実らせる…絶対不可能に挑んだ男の記録「奇跡のリンゴ」
    2017年12月4日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ!"夜のピクニック" 星空の下 離れては近づく2人 小さな賭けの行方は?
    2017年7月24日
  • ビジネス・経済
    正解だけじゃつまんない。皆であれこれ議論することに意味がある。「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」を読む。
    2016年11月26日
  • 小説
    壮大な世界観で描かれる"命"を巡る冒険ファンタジー。待望の文庫化「鹿の王」の魅力とは?
    2017年6月26日
  • 小説
    アニメオタクの天才高校生・裏染天馬が挑む密室殺人 青崎有吾著「体育館の殺人」
    2017年11月20日
  • ビジネス・経済
    「勉強しなさい」は無駄?お受験ママもびっくりの教育論。『「学力」の経済学』を読む。
    2016年11月28日
  • 小説
    知られざる英傑・河井継之助がのぞむ維新最大の激戦!最後のサムライの戦いとは!? 司馬遼太郎「峠」
    2017年10月1日
  • 小説
    戦国が生んだ名軍師「黒田如水」激動の半生をここに!
    2017年12月25日
  • 小説
    限りなく静かで、限りなく美しい愛の物語 堀辰雄「風立ちぬ」
    2017年10月30日
  • 小説
    猪八戒はなぜ天界のヒーローから三蔵法師の弟子となったのか?「悟浄出立」を読む。
    2017年1月12日
  • 小説
    夏休みの読書感想文にオススメ! ”西の魔女が死んだ” 大好きな魔女と過ごした日々
    2017年8月21日
  • 小説
    そこは過去と未来をつなぐ不思議な雑貨店… 東野圭吾“ナミヤ雑貨店の奇蹟”
    2017年9月26日
  • 小説
    アマゾンが新サービス「Prime Reading」を開始!早速、辻村美月「パッとしない子」を読みました!
    2017年10月16日
  • 小説
    知能指数高い文学女子たちの心理戦。4年前の女流作家の死は自殺か、それとも他殺か?直木賞作家、恩田陸さんのミステリー小説「木曜組曲」を読む。
    2017年2月10日
  • 小説
    森見登美彦「夜行」 彼女はまだ、あの夜の中にいる
    2017年11月27日
  • 小説
    根津と千晶はもちろん、魅力的な二人組たちがスキー場を疾走する。「逃げろ!」、組織に立ち向かえ!スキー場シリーズ3作目「雪煙チェイス」を読む。
    2017年1月4日
  • 小説
    4000人対20万人 絶体絶命の北京籠城戦を”生き延びろ” 松岡圭祐"黄砂の籠城"
    2017年9月4日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ドラマ化も決定!注目の小説、池井戸潤さんの「陸王」です。


陸王/池井戸潤

■あらすじ

舞台となるのは、埼玉県行田市にある小さな町工場「こはぜ屋」。その取り扱う商品は「足袋」(たび)。
100年の歴史を持つ老舗企業ですが、足袋の需要は年を重ねるごとに減少。業績はジリ貧です。

社長の宮沢は、日々の資金繰りに四苦八苦する日々を送っていました。
明日をも知れぬ現状に思い悩む宮沢は、あるきっかけで、新しい事業分野に飛び込むことを思い立ちます。
それは、「ランニングシューズ」。こはぜ屋の足袋製造の技術がシューズづくりに活かせると考えたのです。

社内にプロジェクトチームを立ち上げて、宮沢は「こはぜ屋」製のランニングシューズ開発に着手します。
地下足袋に通じる裸足感覚のシューズ。走る、蹴る、踏む…そうした自然の動きにフィットする、足に負担の少ないシューズ。
それを宮沢は「陸王」と名づけました。

しかし、ぽっと出の零細企業が結果を出せるほど、業界は甘くはありません。資金難、素材調達難、取引先の離反など、次々に難局が押し寄せます。
そしてこはぜ屋の前に立ちはだかるのは、世界を股にかける大手シューズメーカー「アトランティス」。

平均年齢57歳、従業員20名のこはぜ屋にあるのは、ものづくりにかける情熱と長年培ったチームワーク、そしてあるランナーの思い。
はたして、彼らは、この難局を乗り越えて、「陸王」を世に走らせることができるのか…。

■巨大企業VS町工場

作者は、「半沢直樹」シリーズでお馴染みの池井戸潤さん。
この「陸王」は、町工場が巨大企業と相対するという構図で、直木賞受賞作となった「下町ロケット」に相通じるところがあるかもしれません。


下町ロケット/池井戸潤

池井戸作品の多くに共通するのが、ビジネスという場を借りた、勧善懲悪のドラマというもの。
圧倒的な弱者(主人公)が、強力な敵役に挑み、苦しみながら戦っていきます。

この「陸王」も同じ。しかも、それが陸上競技というスポーツを舞台にしているということで、否が応にも手に汗を握ります。

しかも、汗だけでなく、今回は涙も流しました。
ネタバレになるので、詳細は言えませんが、少なくとも3回。特に終盤は、心の奥深くから熱いものがこみ上げてくるのを感じました。


陸王/池井戸潤

■チームでマラソンを走るようなもの

ある年配の女工が、涙声でつぶやく一言があります。

気のせいだろうかねえ。なんだか、あのシューズが生き生きとして見えるよ。○○ちゃんに履いてもらってさ、すごく喜んでいるように見えない?あれが、あたしたちの「陸王」なんだよ。
※「○○」はネタバレのため、ふゆきが加工。

宮沢が、物語の中盤で悟ったかのように言う一言があります。

ビジネスというのは、ひとりでやるもんじゃないんだな。理解してくれる協力者がいて、技術があって情熱がある。ひとつの製品を作ること自体が、チームでマラソンを走るようなものなんだ。


(写真ACより)

技術顧問・飯山が、宮沢の息子・大地に贈る至言があります。

人だよ、絶対に代わりが無いのは、人なんだ。

あるランナーが、レース終盤に搾り出す一言があります。

オレは、ひとりじゃない。力尽きて倒れようと、自分のために、そして彼らのために走る。

「仲間のために」とか「信じる人のために」って、ちょっと青臭いけど、やっぱり人を動かしますよね。

働くことだったり、行動することが、イヤイヤじゃなくて、すごく前向きになれるとしたら、それって誰かのためになるからじゃないかしら?
「世のため、他人(ひと)のため」ってのも、そんなに悪い言葉じゃないなと思いました。


(写真ACより)

■ピエール瀧さんに期待!?

今般、この「陸王」のドラマ化が決定しました。
ただでさえ楽しみで仕方ないのに、その配役を見て、さらに体温が高まりました。

主人公の宮沢を演じるのは、15年ぶり連ドラ主演の大御所、役所広司さん。
その息子・大地に、映画・CMで大活躍中の、山崎賢人さん。
さらに、寺尾聰さん、阿川佐知子さん、竹内涼真さんなど、実力派のベテラン・若手俳優が脇を固めます。

(ドラマ「陸王」予告動画)

注目は、もちろん、主人公・宮沢を演じる役所さんですが、個人的にもう一人チェックしている人が…。
それが、巨大企業アトランティスの幹部・小原を演じる、ピエール瀧さんです。

半沢直樹のTVシリーズでは、香川照之さんが存在感を示した、大事な敵役のポジションです。
ピエール瀧さんがどれほど憎憎しい演技を見せるのか、それが楽しみでしょうがありません。


合本 半沢直樹/池井戸潤

他の池井戸作品と同様、しばらくはストレスが溜まりに溜まる展開です。そしてやがて、反撃に転じる終盤がやってきます。
池井戸ファンは、我慢強いなぁと思うのですが、これが病みつきなのでしょうね。さてさて、クライマックスはどうなることやら…。

ということで、今日は、池井戸潤さんの小説「陸王」をオススメしました。ドラマもむちゃくちゃ楽しみです。

ありがとう、池井戸さん!がんばれ、陸王!

 

ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

 

 

 

 

ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事